サービス内容も重要

費用面ではデータマッチング型優位のように感じても、サービスレベルまで考慮した場合はどうでしょう。仲人型はたくさんのカップルを結婚に導いてきたアドバイザーと一緒に活動するため、モチベーションを維持できます。仕事で忙しくて自分で出会いをセッティングする時間がない方でも相性が良さそうな相手を紹介してもらえて、お見合いへと進めることができます。相手と初めて会ったときに基本的なプロフィールが頭に入っているだけで話題の引き出しが増えるため、異性の前だと緊張してしまう方でも安心です。

「婚活疲れ」という言葉があるように、思うようにいかないことも出てきます。データマッチング型でアプローチが面倒になると、関係が途絶えます。自分は前向きに進めているつもりでも、相手の気持ちや状況は分かりません。一定期間やり取りが途絶えて自然消滅となってしまえば、また最初からやり直しです。仲人型なら相手の状況を代わりに確認してくれて、意思疎通しやすくなります。落ち込んだときにはアドバイスももらえるので、前向きに活動できるでしょう。特定のパートナーがいないときにも自分磨きのアドバイスをもらえて、人間的に成長できます。どちらが自分に合っているかよく考えて、結婚相談所を選びましょう。